ボレー&スマッシュの基本

① ネットしない・アウトしないボレー
両足が止まり、上体が前のめりになると、ボールはネットにかかる。厚いグリップ、手首をこねて打つとアウトする。ラケットと右腕は一体という意識を持つこと。フォアーボレーの場合、右肩、右腰を右斜め前に出し、左足を踏み込んでボレーする。(利き腕が右手の場合)
② チャンスボールはしっかりと決める
体の正面で打つと、ネットにボールはかかる。右斜め前に踏み込んでラケットで壁を作る。フォアのドライブボレーは、テークバック時に右足を軸にして、上体を右側に捻る。下半身は正面を向いてオープンスタンスの形をつくる。失敗を恐れて、ただ返球するだけの打ち方はカウンター返しになる。
③ スマッシュはウィニングショット
スマッシュは戦術的に有効な決定打。スマッシュが優れたプレーヤーはロブで抜かれることは少ない。前衛を越えて狭い範囲に打つには高度のテクニックが必要のため相手のミスを誘う。しかし、自身が何でもないスマッシュミスをすると、それ以降消極的なゲーム展開に陥りやすい。
④ スマッシュとサービスは似ている
スマッシュとサービスは打法的にほぼ同じ。スマッシュをミスしたり、打てるのにただ返球する人はサービスも得意ではない。オーバーヘッド技術を習得するにはトロフィーポーズをイメージし、繰り返し練習する。技術が上がればゲーム展開も変わり、積極的にポイントを取りにいく姿勢にもなる。
⑤ センターとワイドに来たボールの処理
センター方向へ打たれたボールを、右斜め前に踏み込んでボレーすると、当てるだけのつまった返球になる。この場合は右横に踏み込んでボレーする。ワイド方向に打たれたボールを真横に踏み込んで打つと威力のないボレーになり、カウンターで返される。右斜め前に踏み込んでボレーする。
⑥ スマッシュは相手を追い込む
大きな攻撃力を発揮するスマッシュは必須の技術。スマッシュを覚えると、ボレーを強く打ったり、難しいコースを狙ったりするリスクを負うこともなくなる。スマッシュはウィニングショットとなるため、幅広いゲーム展開ができ、相手を追い込み、ゲーム展開で有利になる。