グランドストロークの基本

① ユニットターン
強い回転運動をうむためには腰や肩の捻りが重要。テイクバック期に腰と肩を同時に捻り、胴体の回転運動でボールを打つことが基本。胴体は腕ほど簡単に大きく動かないので安定した動きをつくりだすことができる。もう一つのメリットは、インパクトの衝撃力に対して強いことである。
② ドアノブ・ムーヴメント
右手掌でドアノブを回すイメージで、右手首を曲げずに親指から打点に向かい、インパクト後には小指が上になるように回す。ラケットは車のワイパーのように振る。テークバックでラケットを一旦寝かせて、レベルスイングをし始めたときから、この動作が始まる。
③ シングル・バックハンド
頭が突っ込みすぎるとラケットが下を向く。右わきは最初体に密着させずに、右ひじを前に出す。振り子のように下から上に振り上げる。振り切った時には親指が上になる。フィニッシュは両手を左右に大きく広げるように振りぬく。このようにすれば、ボールに推進力が与えられる。
④ スライス・ロブ
ロブを上げようと意識しすぎるとアウトする。スライスをかけすぎるとボールが上がりすぎて飛距離がでない。飛距離をだすためには、多少フラット気味に厚い当たりで打ち、スライスをかけ、ボールは適度に前衛の頭上を越えていく。左足はアウトステップ、右足は踏み込んで打つ。